コワニブログ

コワニブログ

コスパ良く楽しく生きる 

アセトアミノフェンとNSAIDSの違いは?|看護

こんにちは。コワニブログです。

痛み止めや解熱剤として使用されるお薬、アセトアミノフェンとNSAIDS。

臨床でもよく目にしますが、その違いに戸惑うこともあるかもしれません。

今回は新人看護師さんや看護学生さん、薬学生さん向けに、アセトアミノフェンとNSAIDSの違いについてわかりやすく解説します。

 

読者の疑問

アセトアミノフェンとNSAIDSの違いは?

注意点や副作用は?

簡単に違いを知りたい。

カロナールロキソニンの違いは?

アセトアミノフェンとジクロフェナクの違いは?

 

などの疑問にお答えしていきます。

 

 

アセトアミノフェンとNSAIDSの違い

どちらも、解熱・鎮痛作用のあるお薬です。

がんの鎮痛目的では、どちらもオピオイド鎮痛薬に分類され、痛みが軽度の場合はどちらかが使用されたり、併用されたりすることがあります。

 

アセトアミノフェン

カロナールや、アンヒバ、アセトアミノフェン、アセリオなど。

炎症を抑える効果はほとんどない。

副作用は少なく効果が穏やかであるため小児や妊婦にも使用可能。

過量投与では肝障害に注意が必要となるため、副作用症状(食欲不振、悪心、嘔吐、右上腹部痛)を観察しましょう。

 

アセトアミノフェンで肝障害が起こる理由は、こちらの記事でまとめています↓

kowaniblog.hatenablog.com

 

NSAIDS

ロキソニンボルタレン、セレコックス、ロピオンなど。

アセトアミノフェンよりも鎮痛効果が強く、炎症を抑える効果もある。

がんの転移や浸潤は組織障害による炎症を伴うため、がん性疼痛にも効果的。

副作用が強いため、小児や妊婦には使用不可。

副作用としてアスピリン喘息、胃腸障害、腎障害、出血傾向などがある。

 

NSAIDSの副作用はこちらの記事でまとめました↓

kowaniblog.hatenablog.com

 

がんの鎮痛目的で利用する場合は、長期投与に伴う消化性潰瘍や腎機能障害に注意し、消化性潰瘍予防にプロスタグランジン製剤、プロトロンポンプ阻害薬、高用量H2受容体拮抗薬のどれかを使用。

 

まとめ

  • アセトアミノフェンは炎症には効果なし
  • NSAIDSは小児・妊婦には使用できない
  • 軽度の痛みではがん性疼痛に使用することもある

 

kowaniblog.hatenablog.com