コワニブログ

コワニブログ

コスパ良く楽しく生きる 

東京電力のオール電化料金の落とし穴|スマートライフからのプラン変更で月々2000円節約した話

 

 

こんにちは、節約主婦のコワニです。

 

お金を貯めるうえで重要なことの一つに、固定費の見直しがあります。

これは私が一人暮らしでオール電化住宅に住んでいた時のお話。

 

具体的には、東京電力のスマートライフプランからスタンダードプランに変更したら、電気代が安くなったという体験談を共有しておきます。

 

1年ほど気が付かずに約3万円程度無駄にしてしまっていました。

まんまとスマートライフプランの罠にはまっていたという訳。

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

読者の疑問

東京電力のスマートライフプランについて知りたい。

自分にあった最適なプランを知りたい。

オール電化住宅だけど、本当に今のプランのままで大丈夫?

プラン変更で安くなる人と、高くなる人の特徴を知りたい。

 

そんな方の疑問にお答えしていきます!

 

 

 

 

東京電力のスマートライフプラン利用に至るまでの流れ

契約編

初めての一人暮らしでドキドキ、わくわくしていた社会人1年目のあの日。

一人暮らしの知識なんてさらさらなく、とりあえず大家さんから送られてきた書類に記載があった東京電力と契約することに決めました。

その時には電力自由化のことや、東京電力以外の電力会社と契約しても良いこと等全く知識がない状態。

 

ネットから申し込むことができたので、ネットから申し込みました。

そのサイトの試算では、夜間に電力を使用するタイプ(夜間蓄熱式機器)のオール電化住宅はスマートライフプランがオススメと書いてあったのですが、初めは様子見もかねてスタンダードSプランで契約をしました。

 

それから、引っ越しをして新生活がスタートしてから2週間ほど経過したある日、

東京電力から一通の手紙が。

 

内容は、

お客様の住宅は夜間電力を使用するタイプの電気温水器利用であり、お得なスマートライフプランに変更しておきました。プランを変更したい方はお手数ですが××までご連絡ください

 とざっと上記の内容でした。

 

せっかく、いろいろ考えたうえであえてスタンダードプランで契約したのに、勝手に変更されるなんて、、、と驚きましたが、変更するのも面倒だし、新生活の始まりでばたばたしていたこともあり、変更されたスマートライフSプランをそのまま利用することにしました。

 

実際の電気代

一人暮らしをはじめて1年間、実際の電気代は5000円から6000円ほどでした。

ガス代がない分こんなものかとも思いましたが、当時は超絶ミニマリスト生活を送っており、家にある家電は冷蔵庫のみ。

使用する電気といえば、冷蔵庫と電球、IH、お風呂はシャワーで済ませていたのでその分のお湯くらい。日中は家にいないので電気を使っているのは冷蔵庫くらいなもの。

これまでに一人暮らしをしたことがなかったので比較対象がなかったのですが、直感的に使用頻度の割に高くないかと思い固定費を見直すことにしました。

 

スマートライフプランとスタンダードプランの違い

 

実際に、現時点で使用していたスマートライフSプランの内容と、当初の候補であったスタンダードSプランを比較してみました。

 

f:id:kowaniblog:20210522223720j:plain

f:id:kowaniblog:20210522223752j:plain

 

大まかな特徴は以下の通り。

  • 時間帯を気にせずに電気を使えるスタンダードプラン
  • 夜間蓄熱式機器を利用していれば、割安な夜間電力を使用することで電気代が安くなるスマートライフプラン 

基本料金はどちらも同じなので、電気代を差別化する因子は電気を使用する時間と量という訳です。

 

ここで当時の私が注目したのは、スマートライフプランの電気代が割安な時間が午前1時から午前6時までのたったの5時間しかないということと、スタンダードプランと比較するとその他時間帯の料金がかなりお高めに設定されているということです。

 

それと同時に、自宅にある夜間蓄熱式機器は何時から稼働しているのだろうという疑問が生まれました。夜間といっても定義は様々。

22時くらいから稼働してしまっていたら、スマートライフプランのメリットの恩恵を受けることができず、デメリットをダイレクトに食らうことになりますからね。

 

そこでとりあえず電力会社に電話で聞いてみると、意外な落とし穴に気づきました

 

 

スマートライフプランの落とし穴とスタンダードプランに変更した結果

 

自宅の夜間蓄熱機器が、何時から稼働しているのか聞いてみたところ、それはその機器の会社でなければわからないこと、また時間の設定も電力会社では行えないということを知りました。

そこで、夜間蓄熱式機器の会社について調べると、稼働時間は23時から、自分で時間帯の設定を行うことはできないという衝撃の事実が発覚。

ネットで調べた時には、自分で設定できるタイプもあるみたいでした。

 

つまり、割高料金の時間帯に夜間蓄熱式機器が稼働してしまっており、それを自分ではどうすることもできないということに気が付きました。

 

そして、スタンダードSプランへの変更を申し込みました。

 

スタンダードSプランに変更して驚きました。

電気の使用量は変わらないのに電気代が2000円から3000円台と大幅に低下しました。

 もっと早くに気が付いていればと後悔です。

 

プラン変更で安くなる人とそうでない人

 

私の場合はオール電化×夜間蓄熱式機器を使用していましたが、スマートライフプランは割高となっていました。

原因としては、夜間蓄熱式機器が割安な時間よりもずっと前に稼働していたことが原因として挙げられます。

 

逆に言えば、機器の時間を自分で設定できるタイプのものがついている、昼夜逆転生活を送っており夜間電力使用量の多い人はスマートライフプランの方がお得になる可能性があります。

 

何も考えずにオール電化=スマートライフプランと考えている人は、一度稼働時間を見直してみることがおすすめです。

 

まあ、今思えばこれがお得なプランだからと勝手に契約を変更してくれるなんて、そんな親切な話があるわけないですよね。

電力会社だってボランティアではなく、利益を追求する企業なのですから。

 

うまい話し程注意しないと!

 

まとめ

  • 電力会社を変更しなくても、プラン変更で安くなることもあり
  • オール電化住宅で、スマートライフ契約者は夜間蓄熱式機器の稼働時間を確認しよう
  • 自分の生活スタイルに合ったプランに見直すことで、固定費の削減につながります!