コワニブログ

コワニブログ

コスパ良く楽しく生きる 

使用量が変わらないのに電気代が値上げしている理由と対策を解説|ブログ

こんにちは。コワニブログです。

最近は電気代、ガソリン代、食品など生活必需品の高騰が話題になっていますね。

 

そんな社会情勢もあり最近はきちんと明細を確認するようにしていますが、

 

ふと電気代の明細を確認すると、

んんん??

 

先月の使用量と今月の使用量が全く同じなのに、電気代の請求額が高くなっているではありませんか!

 

内訳をみると、『燃料調整額』という金額の単価が値上げしているらしい。

 

ということで、体験談の共有と、燃料調整額・電気代を節約する方法について解説していきます!

読者の疑問

電気代はいつから値上げしているの?

電気代の値上げ、今後はどうなる?

高騰はいつまで? 電気代が急に高くなったのはなぜ?

電気代が倍になった原因は?

電気代の値上げ2022年はどれくらい?

燃料調整額とは?わかりやすく教えて!計算方法は?

 

 

先月の電気代と今月の電気代比較

まずは、問題の電気代の請求明細をみていきましょう。

先月の電気代

 

今月の電気代

お気づきでしょうか?

 

基本料金、再エネ賦課金はもちろん変化なし。

電力の使用量も198kWhと全く同じになっています。

 

しかし、燃料調整額の単価が、2.97円/kWhから4.15円/kWhに値上げしているではありませんか!

金額にすると233円。

1か月あたりだと少額のような気がしなくもないですが、1年当たりだと2796円。

さらに、燃料調整額は電気使用量と単価を掛け算して求められるので、電気の使用量が増えれば、うなぎ上りに燃料調整額も上昇することになります。

 

つまり、暖房や入浴の機会が増える冬にはより高額な請求となり、年2796円では収まらないだろうとの予測もされます。

(この明細は、電気の使用量が我が家は最も少ない夏場のものです)

 

電気代の見方をおさらいしよう

さて、電気代を節約するには電気代の内訳や構成を理解しておく必要があります。

以下に解説します。

そもそも燃料調整額ってなに?

燃料調整額とは、火力発電に用いる燃料(原油液化天然ガス、石炭)の価格変動を毎月の電気料金に反映させる仕組みです。

燃料の多くを輸入に頼る日本では、お客さんに燃料の価格変動を負担させることで安定供給を図ろうとする電力会社が多くあります。

燃料費や為替レートの影響を受けて単価が変動するため、上がることもあれば、逆にマイナスになり電気代が安くなることもあります。

 

しかし、残念ながら燃料調整額は2021年9月以降上がり続けています

 

電力会社が単価を決定するため、会社によって異なりますが、だいたいどこも同じようなものです。

 

再エネ賦課金って?

再生エネルギー発電促進賦課金とは、再生エネルギーの買い取りにかかる費用を皆で負担する制度。再生エネルギーの普及に伴い、ここ最近は毎年上昇し続けています。

 

経済産業大臣が5月から翌月までの再エネ賦課金の単価を決定するため、電力会社による変動はありません。

 

電力量料金って?

電力量料金は、使用した量により毎月変動する費用です。

電力会社ごとに様々なプランがあるため、計算方法や単価も全く異なります。

 

基本料金って?

電気代の基本料金は、使用しなくても毎月必ずかかる費用です。

基本料金は電力会社や、契約内容によって異なります。

 

 

電気代を安くする方法

電力会社を比較してみよう

新電力への切り替えは、契約プランごと変更することになるため長期的かつ最も大きな効果を期待できます!

切り替えする際には、解約と申し込みを同時に行わなければいけないと思うと面倒ですが、実際には新しく申し込んだ会社が解約手続きを行ってくれるため、自分で解約手続きを行う必要はありません!(筆者も検証済み)

 

そして、どこと契約したら安くなるのか分からないという方向けに、電力会社を比較してどこが安いのかを簡単に検索できるサイトもご活用いただけます。

電力比較サイト『エネチェンジ』の特徴

  • 国内最大級の電力比較サイト
  • エネチェンジ限定特典で、直接電力会社に申し込むよりお得
  • 専門スタッフが無料サポート
  • 電力会社選びから切り替えまでWEBサイトで簡単
  • お住まいの地域と利用状況で料金シミュレーション
  • セット割やポイント、発電手段、サポート体制、解約金の有無なども簡単に比較できる

 

新電力への切り替え

2022/3/28(月)追記

ロシア・ウクライナ情勢による天然ガスの高騰により、電源調達の見通しが立たない、安価な水準を維持できないことから、現在進行形で新電力会社の"新規契約の一時停止"や"撤退"が相次いでいます。

一度契約すれば、その会社が撤退しない限りは契約を行えるので、新電力を考えている人は、早めに契約しておくことをおすすめします!

 

ここでは、新電力会社の中でも有名で、多くの方が電気代を節約できる「サステナブルでんき 」について解説します!

 

基本料金0円のサステナブルエナジーって?

サステナブルエナジーの特徴

 

サステナブルエナジーサステナブルでんき)は、日本全国に電力供給を行う新電力会社です!基本料金0円で、地域最安値圏の電気料金を提供しています。

  • 全国基本料金は0円
  • 電気の品質は今まで通り
  • 解約金発生なし
  • 切り替えによる費用の発生はなし
  • 30分ごとの使用量を閲覧できる

基本料金が無料ということは、旅行や出張などで電気を使用しなかった場合に、無駄な電気代の支払いがないということです!

電力量料金の単価は地域ごとに異なりますので、ホームページを下にスクロールしたところにある『料金プラン』にてご確認下さい!

 

 

デメリットはあるの?

サステナブルでんき のデメリットについても触れていきます。

デメリット
  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • 沖縄と離島は対象外
  • オール電化の対応なし
  • 基本的には1年契約

 

電力量料金の単価は、大手電力会社の1番少ない使用量の単価よりかは高くなっているため、もともと電力量が少ない方(毎月の使用料が120KWh以下の方)は、『安くなった!!』という確かな実感が得られない可能性があります。

 

しかし、『基本料金=無駄』なので、使った分だけ請求が来る方が、帰省や出張などで家を空ける方などには節約になるのではないかと思います!

 

ホームページから現在の状況を入力するだけで簡単にシミュレーションできるので、どのくらい電気代が節約できるのか、できないのかを確認することも可能です。

 

※電気の切り替えは、最短でも次の検針日からとなるため、切り替えたいなら早めに行動しておくのがおすすめ!

まとめ

  • 燃料調整額の単価の上昇で、使用量が変わらなくても電気代は上がってしまう
  • 節約だけでは限界の時代に
  • 電力会社ごと切り替えるのも選択肢の一つ

 

他にも暮らしに役立つ情報発信中!

カテゴリより一覧見れます!

 

kowaniblog.hatenablog.com

 

kowaniblog.hatenablog.com

 

kowaniblog.hatenablog.com

kowaniblog.hatenablog.com

 

kowaniblog.hatenablog.com

 

kowaniblog.hatenablog.com

 

 

【アマゾンセール情報はこちらから↓】

アマゾンプライムスチューデントは6か月無料で実用的な特典多数!

やらなきゃ損なレベルでうらやましい、、、(ただし、学生オンリーです)

楽天セール情報はこちらから↓】

 

【PAYPAYモール(Yahooショッピング)で買い物するなら日曜日がお得♪】