コワニブログ

コワニブログ

コスパ良く楽しく生きる 

バイアスピリンとワーファリンの違いは?|看護・薬理

f:id:kowaniblog:20211022175349p:plain

看護学生の実習先や、患者さんの持参薬などで血液サラサラのお薬、ワーファリン(ワルファリン)とバイアスピリンはよく目にします。しかし、その違いを理解している人は少ないのではないでしょうか?

今回はそんな抗血栓薬である二つのお薬の作用機序やメカニズムについて、血栓の病理をふまえつつ簡単に説明します。

 

読者の疑問

バイアスピリンとワーファリンの違いは?

抗血小板療法と抗凝固療法の違いは?

赤色血栓と白色血栓の違いは?

血小板血栓とフィブリン血栓の違いは?

 

 

止血とは

血栓薬を理解するには止血の機序を簡単に理解しておく必要があります。

一次止血:傷口に血小板が集まり一次血栓を形成して傷をふさぐ

二次止血:集まった血小板が、血液凝固因子に働きかけてフィブリンを形成し二次血栓をつくる。

 

血液凝固因子の中でも第Ⅱ、Ⅶ、Ⅸ、Ⅹ因子は、肝臓で合成の際にビタミンKを必要とします。

『ビタミンKはにくなっとー』 で覚えよう!

 

2つの抗血栓薬の違いは?

バイアスピリン

抗血小板薬で、一次止血を起こしにくくする。

動脈硬化がすすみ血管の内側にプラークが発生すると、血小板が集まり血栓ができる。

これを、白色血栓、動脈性血栓といいます。

動脈は流れが速いので、赤血球などの大きいものは固まる前に流れてしまう。

 

白色血栓の原因:白色血栓生活習慣病からできる。糖尿病、高血圧、脂質異常症など。

代表疾患:脳梗塞心筋梗塞、閉塞性動脈硬化

脳にある細かい血管に詰まる=アテローム脳梗塞

赤血球は流れてしまうので、白色血栓は小さめだよ

 

ワーファリン(ワルファリン)

血管の滞りを改善する薬。抗凝固薬で二次止血を起こしにくくする。

血流不良から凝固因子が働き血栓を形成する。

大きな赤血球と血液凝固因子が絡み合うと、さらに大きな塊(=赤色血栓、静脈性血栓)ができ、太い血管を詰まらせる。心臓や脳の大血管につまると、突然死の恐れも。

原因:血流のうっ滞、凝固機能亢進、凝固防止機能低下

代表疾患:肺塞栓症深部静脈血栓症、心原性脳梗塞、心房細動

心臓でできた赤色血栓が脳の血管を詰まらせることを心原性脳塞栓症という。

赤色血栓は、赤血球がくっつくから大きくて赤い

 

ワルファリンの特徴
  • 遅延性の作用であり半減期も長い→災害時も安心、厳格なコントロール不要
  • ビタミンKを多く含む納豆や青汁など食事制限が必要
  • 体調により変動しやすいPT-INRを月1で測定→抜歯時も採血で確認
  • お手頃価格
  • 腎機能障害やそのほか全身疾患の併発でも比較的使用しやすい

予防はワーファリンを使用しますが、発症したら速効性のある点滴ヘパリンを使用します。

 

ワーファリンとバイアスピリンの併用リスク

それぞれの単独使用よりも、1.75倍の出血リスク

脳出血などの致命的な出血リスクが高くなるため、脳血管領域では基本的にはどちらか1つを選択。

しかし心筋梗塞などで冠動脈にステント留置後は、厳密に赤色血栓か白色血栓を分けられないこと、心筋梗塞は死亡率が高いことから両方選択することもある。

 

まとめ

  • バイアスピリンは一次止血に対し動脈の白色血栓に作用
  • ワーファリンは二次止血に対し静脈の赤色血栓に作用
  • 出血リスクに注意

 

関連記事はこちらから

kowaniblog.hatenablog.com