コワニブログ

コワニブログ

コスパ良く楽しく生きる 

NSAIDSを喘息患者に使ってはいけない理由とアスピリン喘息について|看護

こんにちは。コワニブログです。

NSAIDSは喘息患者に使ってはいけないのは、看護師としては常識の知識ですが、詳しく理由を説明できる人は少ないかもしれません。

そこで復習もかねて看護学生さんや、新人看護師さん、ブランクがあり忘れてしまった人向けに解説していきます。

 

読者の疑問

なぜNSAIDSは喘息患者に使ってはいけないの?

NSAIDSにはどんな薬がある?

アスピリン喘息とは?

喘息患者にNSAIDsが絶対禁忌ではない理由。

アセトアミノフェンとの違いは?

NSAIDs使用するうえでの看護は?

 

そんな疑問に簡単にお答えしていきます。

 

 

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)とは?

NSAIDsとは、解熱・鎮痛・抗炎症作用を有する薬剤の総称。

体内には、炎症や痛み・熱を引き起こすプロスタグランジン(PG)があり、プロスタグランジンはCOXという酵素により生成される。

そのCOXを阻害してプロスタグランジンの生成を抑えて作用する。

多くのNSAIDsはCOX1とCOX2の両方を阻害する。

 

COX1とは:同時に、胃粘膜保護や血小板凝集に関わるため、副作用として消化性潰瘍や出血傾向が出現することもある。常に発現している。

COX2とは:炎症時のみに発現し、プロスタグランジンの合成を促進する。

 

選択的COX2阻害薬であるセレコキシブは消化性潰瘍を生じにくいよ!

 

NSAIDsにはどんな薬がある?

よく臨床で使用されるNSAIDsを一部抜粋しました。

ロキソニン

アスピリン

ボルタレン

ポンタールシロップ

ロキソプロフェンナトリウム内服液

アスピリン

ジクロフェナクナトリウム

 

NSAIDsは腎機能が悪い人には控えるべき

NSAIDsは、腎機能が悪い人には注意

腎プロスタグランジン合成阻害作用により腎血流量が低下し、機能的腎不全(ナトリウムや水の貯留、浮腫、高カリウム血症)、アレルギーによる間質性腎炎、ネフローゼ症候群を誘発することがあります。

腎機能が低下している場合はできるだけ控えた方がいいですが、使用する場合は、浮腫、尿量減少、倦怠感、食欲不振、吐き気・嘔吐などの症状を観察しましょう。

高齢者や脱水の人ほどリスクが高いです。

 

kowaniblog.hatenablog.com

 

アスピリン喘息とは?

アスピリンに限らずNSAIDsの使用により、1時間以内に急激な喘息発作と鼻水・鼻閉といった鼻症状の悪化、咳・息苦しさなどの自覚症状が出現したら、アスピリン喘息を疑う。

アナフィラキシーショックを起こす可能性もあり、注意して全身状態をモニタリングする。

原因不明だが、重度の喘息既往のある成人、副鼻腔炎を頻発している患者、鎮痛剤使用後に気分不快の症状が出現したことのある人はリスクが高い。

看護
  • 入院時には、既往を確認
  • 喘息があり、持参薬にNSAIDsがあれば使用しても問題ないか確認
  • 喘息があり、指示にNSAIDsがあれば医師が見落としている可能性があるため、念のためDrに確認

 

アセトアミノフェンとの違い

ちなみに、アセトアミノフェンもNSAIDsと同様にCOXを阻害するが、その作用は弱くNSAIDsには分類されていないため喘息既往があっても使用可能。例)アセリオやカロナール、ソセゴン等。

 

好酸球副鼻腔炎って?

好酸球副鼻腔炎は喘息との関わりが強い。近年増加している難治性の副鼻腔炎で、鼻茸や副鼻腔粘膜の顕著な好酸球浸潤を特徴とする。

 

喘息があると絶対にNSAIDsが使えないわけではない理由

アスピリン喘息がおこるのは、喘息患者の10%であるため絶対に喘息患者に使えないという訳ではない。

 

まとめ

 

分からないことやお気づきの点があればコメント下さい!