コワニブログ

コワニブログ

コスパ良く楽しく生きる 

【電気代・水道代】風呂自動VS追い炊き|どっちが安い?

f:id:kowaniblog:20211129154640p:plain

こんにちは。コワニブログです。

お風呂の追い炊きと保温、お湯はり(足し湯)でどれだけガス代が安くなるのかはよく検証されていますが、オール電化住宅ではあまり検証されていないなと思ったので、実験してみました。

毎回風呂自動をしていたら、水道料金が高くなるし、かといって毎回追い炊きをしていたら電気代の負担があがりそうですよね。

目次から飛べるのでお急ぎの方はご活用ください。

読者の疑問

追い炊きと風呂自動はどちらが安い?

オール電化住宅、エコキュートでは?

お風呂の電気代、水道代を節約する方法は?

お風呂一回分の値段、水道代はいくら?

お風呂1回何リットル使うの?

シャワー1回何リットル? お風呂200Lの水道代は?

 

 

はじめに

我が家はオール電化住宅、3人暮らし(1人は乳幼児)です。

水道料金は普通に使えば基本料金4000円を超えることはほとんどありませんが、たまに超えることがあります。お風呂は1回150L+シャワーを使用しています。

もともと200Lの設定でしたが、あふれてしまいもったいないのと150Lでも十分だったため、設定を変更しました。

 

電気代は時期によって変動、大体3000円~5000円くらいです。

毎日風呂自動(お湯入れ直し)した場合と、風呂自動と追い炊きを交互に実施した場合(2日に1回追い炊き)で、水道代と電気代がどうなるのかを検証してみました。

 

毎日お風呂をかえた方が清潔だけど、光熱費もバカにならないし節約できるところは節約していきたいですね。

 

風呂自動と追い炊きの場合の電気・水道料金は?

 

毎日風呂自動にした場合
  • 水道代5909円
  • 電気代5624円
  • 計11533円  
  • 2ヶ月17157円

 

2日に1回風呂自動(追い炊き)にした場合
  • 水道代4000円
  • 電気代5811円
  • 計9811円
  • 2ヶ月15622円

水道代は2ヶ月ごとの支払いなので、2ヶ月分の料金も単純計算しました。

正直お風呂以外にも電気や水道は使用するので、詳細は不明。

しかし、毎日お風呂をかえていたら水道代が急激に増加することは確かなようです。

その影響か、電気代はそれほど大差ないですが、合計金額は2ヶ月で1535円、1ヶ月だと767円毎日風呂入れ替えをした方が高くなっています。

これが1年だと9210円の差に。

 

電気料金だけをみれば、風呂自動と追い炊きの場合だと、追い炊きの方が187円高くなりました。1年だと2244円追い炊きが高くなる計算です。

 

結局、風呂自動と追い炊きどちらが安い?

今回の検証結果では、風呂自動と追い炊き機能を1日交代で実施した場合の方が、電気代・水道代の合計で、年間9210円安く節約できることがわかりました。

 

ただし、風呂自動の方が電気代は若干安くなることを考えると、水道の基本料金のぎりぎりまで風呂自動を実施して、残りを追い炊き機能にした方が安くなると考えられます。

 

お風呂1回で何リットル使うの?

1回でお風呂150L、シャワーに150L合計300L使うと仮定して、湯量と料金を計算してみましょう。

シャワーは15分流しっぱなしだと180L水を使います。

我が家は大人2名なので150Lと仮定しました。(実際はもっと多いかも)

1人暮らしであればもっとシャワーは安くすむでしょうし、髪が長い人だとよりたくさん使っているかもしれませんね。

 

ちなみに、150Lは一般的なお風呂の大きさの半量程度です。オール電化住宅なら設定で変更・確認ができるものが多いと思います。

  • 30日間(1ヶ月)毎日お風呂自動にしたら 1ヶ月で9000L=9㎥
  • 15日間(2日に1回)風呂自動にしたら 1ヶ月で4500L=4.5㎥

 

2日に1回の場合、2㎥ほど余裕がありました。(基本料金まで)

1㎥=1000L=1tなので、残り2000Lは余裕があります。

つまり、残り6.6回風呂自動を追加してもいい計算なので、21日(=1ヶ月の約3分の2)風呂自動にしたら、1番コスパが良くなる計算です。

 

今度は、本当にこれでコスパが良くなるのかを実験したいと思います。

 

お風呂1回分の水道代はいくら?

水道料金は6㎥こえた分2000円水道料金が上昇したので、1㎥333円。

1回のお風呂+シャワーで300L使用していると仮定すると、風呂自動3.3回分で333円、つまり新しいお風呂に入ると1回100円の計算でした。

基本料金を超えなければ、1回60円の計算です。

 

電気代を安くするなら新電力への切り替えが手っ取り早い!

ここまで風呂自動と追い炊きでどちらが、電気代と水道代込みで安くなるのか検証しました。

水道は地域で決められた場所と契約するしかないためどうすることもできませんが、電気なら安い電力会社へ切り替えることができます!

 

新電力への切り替えは、長期的かつ大きな効果が期待できます。

解約手続きもして、新電力に申し込むのは面倒と思うかもしれませんが、どこの電力会社への切り替えでも解約手続きは不要です!

新たに申し込んだ会社が解約手続きを行うため、二重支払いになることはありません。

浮いた電気代で、趣味や将来のために貯金できたら嬉しいですね。

電気の送配電網は現在使用しているものをそのまま使用できるため、電気の品質は変化せずに電気代を安く抑えることができます。

 

東京電力管内の新電力を調べたところ、最も安かったのが「ヨコハマのでんき

最大13%電気代を節約できます!

 

実は、筆者のコワニブログも「ヨコハマのでんき」に乗り換え済み。

詳細を解説します!

 

最大13%電気代を節約できる「ヨコハマのでんき」って?

 

「ヨコハマのでんき」の特徴

ヨコハマのでんきは神奈川県横浜市の株式会社横浜環境デザインが運営しており、2017年から電力の事業を開始した比較的新しい会社です。

  • 横浜市だけでなく、東京電力エリアが対象
  • 関東最安水準
  • 違約金・解約金なし
  • 子育て応援プランは毎年QUOカードPay4000円もらえる!
  • 口座・クレジットカード支払いに対応

 

プランは大きく分けて、誰でも使える「おうちプラン」と、未就学児がいる家族むけの「子育て応援プラン」があります。

どちらも電気料金の内容は全く同じです。

東京電力のスタンダードプランとの比較を載せます。

基本料金は全く同じですが、電力量料金は最低でも8%オフ。

他が高すぎると感じるほどに安い!!

東京電力で電気代が1万円超えたのをみて、筆者のコワニブログもすぐ乗り換えしました。

基本料金を除いた額に1万円の8%オフとざっくり計算すると、731円安くなる計算。(実際は13%オフになる部分もあるためもっと安くなる計算)

電気代をたくさん使用している人ほど早く乗り換えたいですね。

 

 

f:id:kowaniblog:20220113233312j:plain

 

キャンペーンも実施中!

おうちプランと子育て応援プランの違いはというと、キャンペーン内容の違いになります。

小学校就学前の子供がいる家庭向けの子育てプランでは加入から3年間、毎年5月にQUOカードPay4000円分のプレゼントがあります。

(このキャンペーンはいつ終了するかわからないので、早めに契約しておいた方が安心。こんな太っ腹なキャンペーンなかなかないです!)

 

そして、誰でも契約できるおうちプランでは基本料金3ヶ月無料キャンペーンが2022年3月31日㈭まで実施中です!

キャンペーンの条件もあってないようなものですよ↓

 

基本料金3ヶ月無料キャンペーンの3条件
  1. 2022年3月31日までに「おうちプラン」または「ビジネスプラン」に新規申し込み
  2. 2022年5月31日までに供給開始
  3. 申し込み時の「ヨコハマのでんきをお選びいただいた理由」を「FMヨコハマラジオCM」と選択する

 

デメリットはある?

最後に、ヨコハマのでんきを使用してのデメリットについても触れておきます。

デメリット
  • 最低30A~の契約のみ
  • 対象エリアのみ(東京、神奈川、山梨、千葉、埼玉、栃木、群馬、茨城、静岡(富士市以東)
  • オール電化プランはない
  • 口座振替は登録料3300円が必要

オール電化プランはありませんが、東京電力スマートライフプランの安い時間である午前1時~6時までに電気の大半を使用しているということでなければ、変更して安くなる可能性は十分にあると思います。

もちろん、現在スタンダードプランであれば乗り換えで確実に安くなる計算です。

(電気の使用量によりますが、、)

 

クレジットカードがあれば、登録料は無料なのでクレカは必須です。

楽天カードなら年会費無料かつ1%還元もありおすすめ。楽天カードの公共料金支払いでのポイント還元改悪もありましたが、「ヨコハマのでんき」は対象外なので1%還元のまま。

筆者も楽天カード支払いにしました。

 

申し込みも簡単でした

申し込みも5分で終了。

現在契約している契約内容の写真が必要なので、予め撮影しておくとスムーズです♪

(契約者名、お客様番号、供給地点特定番号、契約電力、電力会社が分かればOK)

乗り換えであれば、勝手に申し込み先の会社で解約してくれるので、自分で解約手続きは不要です。

(引っ越し先で契約したい場合は、自分で解約手続きが必要になります。)

 

まとめ

  • オール電化住宅では、風呂自動と追い炊きでは電気料金は大差なし。
  • 毎日お風呂を入れると水道料金が上昇するため、水道の使用量に注意して!
  • 電気代なら会社を乗り換えるのが最も効果的!

 

 

 

kowaniblog.hatenablog.com