コワニブログ

コワニブログ

コスパ良く楽しく生きる 

【普通分娩】妊婦健診から出産までかかったお金の総額を公開!                         

 

f:id:kowaniblog:20210828150148p:plain

こんにちは。コワニブログです。

出産に至るまでは、子供を産むにはお金がかかるという漠然とした不安がありましたが、具体的にいくらかかるかは、調べてもよくわかりませんでした。

いつ頃に、どのくらいのお金を準備すれば良いかがわかれば、お金に対する不安も少しは軽減されたと思います。

そこで、実際に妊婦健診から入院・分娩に至るまでにいくらお金がかかったのか計算したので、参考になればと思い公開します。
正直、一時金も補助券もあるから自己負担はそんなにないのではと思っていましたが、まかなえるのは本当に一部だけなのだなと驚きました。

自治体、地域、出産場所、分娩方法などによって料金は大きく変動する可能性があるので、あくまで参考程度にしてください。

 

 

読者の疑問

妊娠発覚から出産まで費用はいくら?

普通の出産だと自己負担はどのくらい?

お金はいつ支払うの?

神奈川の相場は?

 

 

 

私の妊娠・出産について

私は正常分娩(帝王切開や吸引分娩など医療介入のないもの)であったため、高額療養費制度は利用できず、利用できた社会資源は42万円が支給される出産育児一時金と、市役所でもらえる健診の補助券のみでした。

補助券は、妊婦健診14回と産後健診2回分が付いています。

人によっては個人的な保険だったり、会社や市町村からのお祝い金だったりで、自己負担ゼロという人もいますが、私は個人で保険に入っておらず自治体特有のお祝い金などもなかったため、しっかり自己負担してきました。

予定日より1週間超えて、陣痛促進剤使用予定でしたが、その日に陣痛が来てスピード出産でした。

ちなみに、妊娠期間はトツキトオカといわれる通り、約10ヶ月くらいです。

妊婦健診の標準的な回数は以下の通りです。 

妊娠初期~23週:4週間に1回(計4回)

妊娠24~35週:2週間に1回(計6回)

妊娠36週~出産:1週間に1回(計4回)

※これは標準的な回数であって病院やクリニックによっては独自のスケジュールを組んでいることもあります。

妊娠から産後までにかかったお金

ここでは、補助券や保険適応分を除いた実際に支払ったお金を記載していきます。

妊婦健診

  1.  4130円(初回なので補助券無し、子宮頸癌健診) •
  2. 18500円(クラミジア検査等) 
  3. 2500円 
  4. 2500円
  5.  2500円
  6. 2500円 
  7. 0円 •
  8. 2320円(妊娠貧血で鉄剤処方:クエン酸) 
  9. 3500円(逆子で、お腹を柔らかくする薬処方:リトドリン) 
  10. 1830円(位置確認のため通常より1週間早く通院) 
  11. 2650円(妊娠貧血ひどく鉄剤注射) 
  12. 2940円(鉄剤注射、採血、NST) 
  13. 4600(NST) 
  14. 4740(鉄剤注射、NST) 
  15. 5280円(鉄剤注射、採血、NST) 
  16. 4600円(予定日過ぎたため早めのNST) 
  17. 3500円(前駆陣痛にて時間外に受診)

 

数字は何回目の妊婦健診かを表しています。

入院までに合計17回健診に行きましたが、予定より早めに受診するように言われていたリ、何かあったらすぐに受診するよう言われていたりしたため、補助券を使用できない受診もいくつかありました。

 ネットだと2000~3000円で済むことが多いと書いてあり、割高なのかなと思います。

妊婦健診だけで合計で68590円でした。

 入院・分娩費用

 出産にかかった費用は食費や入院料等もろもろあわせて542430円の請求でした。

出産育児一時金が420000円なので、自己負担は122430円でした。

入院・分娩費用内訳

保険負担 13830円

入院料66000円

分娩料280000円

新生児管理保育料80000円

検査・薬剤料 28750円

処置・手当58000円

食費2300円

その他13550円

出産費用は予め12万円を妊娠発覚から1ヶ月経った頃に預り金として支払い、産後に清算しました。

4泊の入院で特別な医療処置はありませんが個室を使用しました。

 

 

産後健診

産後健診は3回ありました。 

  1. 4000円(母乳育児の様子を見たいということで行くことになり補助券は使用できませんでした。)
  2. 300円(貧血があり鉄剤の注射をしました)
  3. 0円(補助券を使用し、無料でした。

 

4300円かかりました。

産後初回の健診は、話を聞いて母乳のあげかたを見てもらっただけなので、これで4000円??とびっくりしてしまいました。補助券使えなくて緊急性もないことなら、行かなくても良かったです。

1ヶ月健診

2500円

小児医療証と保険証が必要になるので、退院後すぐに申請手続きを行いました。

その他

産科医療保障制度16000円

妊娠証明書 5500円

母性健康管理指導事項連絡カード 5500円

モニターベルト 1000円

陣痛が起きた時のタクシー代 1600円

 産科医療保障制度とは、重度脳性麻痺の子どもと家族のために補償金が支払われる制度で、保険のようなものです。

会社勤めの人は、勤め先から提出するよう指示があるため、文書代がかかる可能性があります。

モニターベルトは持っている人は購入しなくていいものなので、誰かからおさがりがあればそれを使えば料金はかかりません。 

合計金額

自己負担額の合計は227420円でした。

小さなトラブルはありましたが、医療介入の必要がなく一般的な経過をたどったにもかかわらず、この金額で正直高いなと改めて思いました。

帝王切開や吸引分娩などの医療介入があれば、保険が使えるため逆に安いと言われますが、実際のところは自治体や産院によります。

9か月通院したため、1か月あたりに換算すると25000円の計算です。

 貯金が全くない状態であれば、妊娠が判明したら最低でも毎月25000円を貯金できると安心です。しかし、そんなの到底無理!!という方はれば特定妊婦としてサポートが受けられる可能性があるため、自治体に相談してみましょう。

 

神奈川県の平均の出産費用は56万円のため、この価格でも平均くらいでした。

私は利便性を考えて、特に料金なども確認せず一番通いやすい場所を選択したため、もう少し調べて選べば安く抑えられたかも!?とも思います。

場所によっては2人目以降割引などもあり、安く出産できることもあるみたいです。

安いと言っても数十万といった高額なお金が必要となるため、出産費用くらいは貯金してから妊活するのがベストだと思います。

 

まとめ

  • 普通分娩・個室の自己負担は23万円
  • まとまったお金が必要になるため、余裕をもって妊活しよう。
  • それでも苦しければ、市役所など相談を。

あわせて読みたい! 

kowaniblog.hatenablog.com