コワニブログ

コワニブログ

コスパ良く楽しく生きる 

1号液と3号液の違いって?輸液の選択についてわかりやすく解説|輸液看護

f:id:kowaniblog:20211111110641p:plain

こんにちは。コワニブログです。臨床ではいろいろな点滴、輸液製剤が使用されますが全部覚えようと思うと頭がパニックになりますよね。今回は数ある輸液の中でも、1号液や3号液って何だろうという部分を初心者さん向けにお話しします。この記事を読めば、1号液から4号液がどういう輸液なのか、どのような場面で輸液が選択されるのかという根拠を理解することができます!

 

読者の疑問

1号液と3号液の違いって何?

1号液や3号液の組成は?

いつどんな輸液を使うのか分からない

とにかく輸液って何が何だか分からない!

3号液にはカリウムは含まれる?

3号液のカロリーはどう?

それぞれの輸液の商品名を知りたい

 

 

はじめに

血漿とナトリウム濃度がほぼ等しい輸液製剤を細胞外液補充液と言いました。電解質だけで血漿と浸透圧がほぼ等しいことから等張性電解質輸液とも言います。

よく分からない方やもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

kowaniblog.hatenablog.com

 

一方で、ナトリウム濃度が血漿より低く、電解質だけでは浸透圧が血漿より低い輸液を、低張性電解質輸液と言い、1号液~4号液がこれに当たります。

 

1号液~4号液とは

商品名と覚え方

  • 1号液 開始液 Ex)ソルデム1
  • 2号液 脱水補給液 Ex)ソルデム2

   NaとともにKも投与したい脱水時。

  • 3号液 維持液 Ex)ソルデム3、ソルデム3A、ソルデム3AG、ヴィーン3G、フィジオ35
  • 4号液 術後回復液 Ex)ソリタT4号輸液、

   Naは少なく、Kはゼロにしたいとき。腎機能が未熟な新生児の術後など。

 

2号液、4号液は、現在あまり使われないため、1号液と3号液を詳しく解説します。

 

組成

1号液と3号液は生食塩液と5%ブドウ糖液を混ぜたものになります。

生理食塩液と5%ブドウ糖液の違いをちゃんと理解できていないという方は以下の記事をご覧ください。

 

kowaniblog.hatenablog.com

 

生理食塩液が2/3入ったものが1号液、生理食塩液が1/4入ったものが3号液です。

f:id:kowaniblog:20211111100543j:plain

生食の比率によって1号液と3号液が決まります。

1号液とは

Kが含まれておらず、Na濃度が生食の2/3のため、腎機能や心機能が不明時の開始液として便利に使える。

 

3号液とは

生体が必要とする1日の水分量(体重50㎏で2L)を投与することで、必要なNaやK量を調節できるよう工夫された輸液。

 

インアウトバランスを比較してみよう

飲食可能な人

In

OUT

飲水

1500ml

尿

1400ml

食事の水分

1000ml

便

100ml

代謝

200ml

300ml

 

 

不感蒸泄

900ml

 

禁飲食の人

In

OUT

飲水

0

尿

最低500mlできれば1000-1500ml

食事の水分

0

便

0

代謝

200ml

0

輸液

不感蒸泄

900ml

       

図を比較してみましょう。

飲食可能な人はインアウトバランスが取れていますが、禁飲食の人は何もしなくても代謝水と不感蒸泄はでるため、常にマイナス700mlの脱水となります。

尿は最低500ml出ないとBUNとクレアチニンが上昇し、老廃物がたまってしまうので、最低500mlの尿量があればマイナス1200mlの脱水です。(何もしなくても尿はでる)

しかし、500mlだとかなり濃い尿であり腎臓に負担がかかるため、尿量を1~1.5L 確保したい。それを考えると、1日にマイナス1700ml~2200mlの脱水となります。

以上のことから、禁飲食の人はOUTが多く脱水となるため、INを輸液で補う必要があります。

 

禁飲食時の適切な輸液量は2Lとなる

 

足りない水分を補液してみよう

水分2Lが全て生食だったら?

水1LにNaClは9g含まれているから、2Lで18g食塩摂取が過剰となります。

f:id:kowaniblog:20211111102204j:plain

500ml生食を4本投与するパターン



バランスのいい補液は?

生食1本、5%ブドウ糖液3本とした場合は、食塩は4.5gとなり妥当な量に。ただし、KがはいっていないためKCL注射液1アンプル(=40mEq)で補います。

f:id:kowaniblog:20211111102343j:plain

生食1本、5%ブドウ糖液3本、KCL注射液1アンプル

 

これは、3号液4本(2000ml)と同じ組成になります。

 

3号液を4本使用した場合

維持輸液=「3号液を4本」と考えれば、簡単で間違いないです。

f:id:kowaniblog:20211111103835j:plain

500ml3号液4本のパターン

しかし、3号液はNa濃度が低くずっと使っていると低ナトリウム血症になりやすい。特に手術のストレスなどで、ADHが分泌されている場合は注意。

※ADHは抗利尿ホルモンで、体内に多くの水分が保持されることでナトリウムが薄まります。

また、3号液4本では、カロリーは344kcalしかとることができません。

 

4号液は3号液をさらに低張に(Naを少なく)して、Kフリーとした製剤。術後はADH亢進により低ナトリウム血症になりやすいため、術後回復液という言葉の通りに術後に使うのは避けるべき

 

問題

手術に行く前の適切な輸液製剤は?

手術に行く前の点滴は、急な血圧低下に備え、血管内に点滴を入れて血圧を維持する目的で行う。急速輸液をするため、Kは入っていないほうが安心。(K4mEq/LならOK)

 

術前の輸液は、生理食塩液、乳酸リンゲル液

 

救急外来でのショック患者に適切な輸液は?

血管内のボリューム維持と、既往が分からないためKが入っていないほうが安全

生理食塩液、乳酸リンゲル液、1号液

 

嚥下障害があり禁飲食の患者に適切な輸液は?

3日までは、水、Na、Kの1日必要量を考えると3号液

ただし、カロリーが圧倒的に足りないため3日以降は経腸栄養に変更

 

大腸癌術後患者の場合は?

腸機能回復には1週間以上かかる

経腸栄養は使えないため、中心静脈栄養に変更

 

まとめ

  • 1号液は既往が分からない人に使う
  • 3号液は禁飲食の人に3日まで使える
  • 1号液と3号液の違いは、5%ブドウ糖液と生食の比率!