コワニブログ

コワニブログ

コスパ良く楽しく生きる 

ブリタとクリンスイ比較したらブリタ圧勝?!|ポット型浄水器レビュー

きれいな水を飲みたいなら、ポット型浄水器、蛇口型浄水器ウォーターサーバー、ペットボトルの水を購入するなどいろいろな選択肢があります。

しかし、

    ペットボトルは重い、ゴミが出る、1本ずつコストがかかる
    蛇口型浄水器は取り外した時にサビになっていることもあり掃除or蛇口の取り換えが面倒(賃貸だと交換量請求される?!)

 

といったデメリットがあります。

その点、ポット型浄水器は、コスパも良く手軽においしいお水が飲めるというメリットが!!

 

かれこれ5年クリンスイを使用していましたが、カートリッジの使用期限を超えて使っていると黒い粉が浮くようになり、これを機にブリタ購入!

 

ブリタとクリンスイを比較してレビューしていきます!

結論としては、安さを求めたいならブリタ、洗浄能力の高さを求めたいならクリンスイがおすすめ!

以下に解説します。

 

※特徴は型によっても異なる可能性があります。

読者の疑問

クリンスイとブリタの違いは?

比較したレビューが知りたい!

ブリタのリクエリと、クリンスイの口コミは?

カートリッジの違いは?どちらが安い?

 

 

我が家のポット型浄水器

 

クリンスイはCP002-WT

販売終了したので、形の似ている以下のクリンスイで比較していきます。

ブリタはKBLQCW2P リクエリ

 

ブリタとクリンスイの特徴

軽さ・速さ・容量・ろ材の交換時期は?

特徴を抜粋してまとめました!

 

ブリタ
    ドイツのメーカー
    ろ過水容量 1.15L
    全容量 2.2L
    ろ材取り換え時期の目安 1日5.3Lで4週間交換
    ろ過流量 0.16/分
    質量 470g

 

クリンスイ
    日本のメーカー
    ろ過水容量 0.9L
    ろ材取り換え時期の目安 1日2Lで3ヶ月交換
    ろ過流量 0.10/分
    質量 550g

 

 

 

上記の特徴から、ブリタの方が軽い・大容量・早いという結果に。

ブリタは5.3L×28日=148.4Lで交換。

クリンスイは1ヶ月30日とすると、2L×30日×3ヶ月=180Lで交換。

 

ろ材はクリンスイの方が長持ちします!

 

 

浄水能力は?

 

ブリタ
    ①遊離残留塩素
    ②溶解性鉛
    ③2-MIB(かび臭)
    ④CAT  
    ⑤テトラクロロエチレン
    ⑧ブロモホルム
    ⑨ジェオスミン
    ⑩フェノール類
    ⑫シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン

 

クリンスイ
    ①遊離残留塩素
    ②溶解性鉛
    ③2-MIB(かび臭)
    ④CAT
    ⑤テトラクロロエチレン
    ⑧ブロモホルム
    ⑨ジェオスミン
    ⑩フェノール類
    ⑫濁り
    ⑬ジブロモクロロメタン
    ⑯1,2-DCE
    ⑰陰イオン界面活性剤
    ⑱鉄(微粒子状)
    ⑲アルミニウム(中性)

 

①~⑪までは、重複している項目になりますので、洗浄できる項目は約7個クリンスイが多いことになります!

よりきれいなお水を飲みたい、赤ちゃんに飲ませるため成分にこだわりたい方にはクリンスイがおすすめです♪

 

カートリッジの価格は?

大手ショッピングサイトで比較。まとめ買いした場合の1個当たりの価格です。

ブリタのカートリッジは400円前後なのに対し、クリンスイのカートリッジは1000円弱。

 

価格は約3倍差がありますが、カートリッジの交換目安にそこまでの差はなく、ブリタの方がコスパが良いです。

 

ネットでまとめ買いすると安く購入できます!

 

 

 

実際に使用してみてのレビュー

ここからは個人の感想になります。

外観

クリンスイ 右ブリタ

縦の長さは見たところ同じくらい。

横はブリタの方が長いので、結果ブリタの方が容量は多いです。

分解して丸洗いできる点も同じ。ただ、容量が大きい分ブリタの方が洗いやすいです。

 

 

どちらも冷蔵庫には問題なく入ります。

大きな違いは取っ手の有無。

ブリタは取っ手あり、クリンスイは取っ手なし。

好みになりますが、取っ手があった方が片手で持てるので便利です。

 

 

冷蔵庫の容量を圧迫したくない人やそんなに水を飲まない一人暮らしの人にはコンパクトタイプのクリンスイもありかと思います!

 

使いやすさ

クリンスイ、右ブリタ

使いやすさは圧倒的にブリタです!

ブリタを購入して、こんなに使い勝手が良いものがあるなんて!と感動しました。

 

写真で見てわかるように、クリンスイはブリタに比べてろ過するところの容量が少ない。

なので、満杯にしたければ『1度水道水を満杯までいれたら、下に落ちるまで待ち、もう一度いれる』。

この手順を3,4回繰り返さなければいけません。しかも、ろ過スピードも遅い。

そして、縦に長いため蛇口が水につかないよう入れるには斜めに入れる必要があり、満杯まで入りきりません。

 

そもそもの容量も小さいため、頑張って入れてもすぐになくなり上記を繰り返さなければいけないのが案外手間がかかります。

 

これが結構ストレスに感じていました。

 

その点ブリタは、ろ過する場所の容量が多いので、2回ほどいれたら満杯に。

しかもスピーディ。

横長だからか、多少斜めになっても水がほとんどこぼれることがない。

 

ブリタの方がストレスフリーに感じました。

 

 

カートリッジの交換時期の目盛り

カートリッジ交換時期の目盛り

交換時期が目盛りでわかるようになっている点はどちらも同じです。

ブリタはボタンを押して稼働する仕組み、クリンスイは交換した月に目盛りを合わせるダイヤル式。

クリンスイの方がよりアナログに感じます。

ダイヤルですが、交換時期を過ぎてしばらく回していなかったら、固まって動かなくなりました。

しかもダイヤルのくぼみに沿って汚れが貯まっている、、、(洗っても取れにくい)

 

くぼみがあると汚れが貯まりやすく不衛生なので、目盛りのデザインもブリタの方が好みです。

 

 

交換時期に関してはどちらも時間の経過でわかるアナログな方法なので、カートリッジのろ過機能が落ちているから交換の目安ですよ~と教えてくれるとありがたいです。

 

人によって使用量は異なるのに、カートリッジの交換目安は同じというのは違和感があるので、もう少し頑張ってほしいところ。

 

クリンスイはすっきり感があり、ブリタはなめらかな感じ。

よほど味にこだわりがないと分からないレベル。

個人的にはどちらでも良いです。

 

クリンスイに新型の浄水器が出現!

上記のようにクリンスイに悪いイメージを持っていた筆者ですが、クリンスイの新型タイプ(CP405)はデザインに大きな変化があります。

 

  • ろ過水量1.4Lとまさかのブリタ越え

  • 取っ手はないが、持ちやすいくぼみのあるデザインに

  • 蓋が全部開く仕組みではなく、一部がぱかッと開く仕組み

 

 

ろ過スピードは0.10L/分と変わりませんが、筆者がストレスに感じていたデザインが大幅に変更されており水を入れる際のストレスは大幅にカットされそうです。

 

そもそも、浄水器は浄水が目的なのでこの新型タイプであれば、ろ過機能が優秀なクリンスイが圧勝かもしれません。

個人的には日本の企業に頑張ってほしいですね!

 

まとめ

 

 

 

アマゾンプライムスチューデントは6か月無料で実用的な特典多数!無料期間だけで解約もOKなのでやらなきゃ損なレベルでうらやましい、、(ただし、学生オンリー)

 

 

 

 

他にも暮らしに役立つ情報発信中! カテゴリより一覧見れます。

 

kowaniblog.hatenablog.com

kowaniblog.hatenablog.com

kowaniblog.hatenablog.com

kowaniblog.hatenablog.com

kowaniblog.hatenablog.com

kowaniblog.hatenablog.com

kowaniblog.hatenablog.com